たかぎし321

サブです。日記です。ここに有益な情報はありません。

文章のテンション

ブログでの文調がそのときどきで全然違う

 

それで良いのかな〜?と思う

 

ヒトから見たら記事によって人が違うかのように見えてるかもしれない

 

統一感がない

 

どう思われてるんだろうってきっと誰にも何とも思われてないだろうことを考えてしまった

 

 

 

口癖って一緒にいる人に似やすいから、文調もよく読むブログに影響されてるところがある

 

 

また、最初の頃はブレまくりで迷いながら書いてたことが多かった

 

そういう意味では「ブログ始めたらとにかく書け」みたいなのも頷けるところはあるのかも

 

 

あとは、文章を書くときのテンションによっても変わるし、誰に向けて書いてるかでも変わってくる

 

話すときだって相手によって話し方変わるもんね

 

最近だと洗濯槽洗剤の記事は友達(主にフォロワー)に向けて書いた感じなので、だいぶくだけてた

 

万年筆の記事はネットの向こうの知らない万年筆初心者に向けて書いてるから、もう少し丁寧に書いてる

 

金融系の記事は更に丁寧に書くよう心がけてる

 

そんな感じ

 

 

 

 

人のブログ見てても文調がブレてる人ってあんまり見たことがない

 

そもそもそこまで人のブログ読んでるわけじゃなくて、継続して読んでるのは交流してる人がほとんどだから少ないってのもあるかもしれないけれど

 

読んでて誰が書いたかわかる文章いいなあ